石川県金沢市三口新町で交通事故治療・むち打ちの事ならさいがわ接骨院へ!

さいがわ接骨院ロゴ
全国の整骨院・接骨院を検索【整骨院接骨院マップ】

交通事故でよくある症状

交通事故による怪我というのは通常の怪我よりも交通事故時の状況によって複雑にさまざまな症状が複合しています。交通事故の直後は大丈夫と思って治療しないでおくと、後で痛みが出たり症状が長引いてしまう場合がるので、早期での治療が必要となります。

主な自覚症状

頭痛・首や腰の痛み・めまい・吐き気・耳鳴り・食欲不振・脱力感・コリ・手足の痺れ筋緊張・胃腸等消化器系統の機能低下等

首の痛み

交通事故で後ろから車が追突した場合、首に痛みが残るケースはよくあります。その中でも、首の運動範囲・稼動範囲以上に首が大きく振られることで、筋肉、関節や靱帯などが損傷してしまい、首の痛みや肩の痛みなど、頚椎捻挫型と呼ばれる症状があります。特徴としては、首のこりや強い筋肉の張りや違和感を感じ、通常ではいれない状態を言います。この症状は、むち打ち全体の約70~80%を占めていると言われています。

手首の痺れやだるさ

手足のしびれは、そのままにしておいてはいけません。手足のしびれは、神経の圧迫や筋肉の過緊張である事が考えられます。最初は、首頭の重み、痛み、そして肩こりとして現れる症状が進行して悪化した結果、手、腕のしびれ、痛みとなる傾向にあります。また、腰痛、腰の違和感が進行、悪化した結果、お尻から足にいたるしびれ、痛み(いわゆる坐骨神経痛)といった症状を呈することが多いのです。

腰の痛み

むち打ちは、首など上半身にばかり症状が表れとよく勘違いされますが、むち打ち症による痛みの半分近くは腰痛にあると言っていいでしょう。むち打ち症の腰痛の主な原因として、急性的椎間関節捻挫(ギックリ腰)が挙げられます。むち打ち症の場合、外部から強い衝撃によってギックリ腰のような症状が表れるわけです。むち打ち症による急性的椎間関節捻挫の痛みは、時間が過するに追ってドンドン酷くなる傾向にあります。その痛みがなかなか治らなければ、慢性化の痛みになる恐れがあります。

しかし、その場合は急性的椎間関節捻挫(ギックリ腰)以外に循環障害も原因の1つと考えられています。また、棘間靭帯(きょくかんじんたい)・棘上靭帯(きょくじょうじんたい)の損傷も挙げられます。棘間靭帯・棘上靭帯の損傷とは、背中のでっぱった部分にある靭帯が何らかの強い衝撃によって、部分断裂や炎症を起こしてしまう症状です。むち打ち症による腰痛は、悪循環が重なれば入院治療はもとより、身体の麻痺に関わる症状になり得ます。早期治療は当然のこと、痛みが激しければ一度、当院にご相談下さい。

その他症状

交通事故による症状は、首や手足、腰以外にも非常に多くに渡り、ケースバイケースです。関節や筋肉、背中・膝・肩・肘など全身におよびそれぞれ症状が異なります。大事なのは明確な原因を突き止めることが、症状改善には最優先事項になります。よって病院でレントゲン検査をし、問題がその時になかったとしても、レントゲンで写らない部分が一番ダメージを受けているケースがほとんどです。

当院は丁寧に患者様目線でカウンセリングを行い、様々な観点から症状の原因を突き止めます。レントゲンで写っていなくて、問題がなくても、交通事故の後遺症で悩まされる事のないように、当院での治療をおすすめいたします。